耳鳴りについて

耳鳴り

突然「キーン」といった不快な音が耳の中から聞こえてくる耳鳴りに多くの方が悩まされている現状があります。

一時的な耳鳴りであればそこまで不快には感じられませんし、日常生活にも支障をきたしませんが、四六時中耳鳴りが発生しているととても不快なうえ、他の音を拾うことも難しくなってしまいます。

耳鳴りをそのまま放置おくと完治が困難になったり、時には難聴になってしまう可能性もゼロではありません。

耳の病気の中でも耳鳴りは非常に難しく、多くが「原因不明」と言われている事実があります。

こちらでは耳鳴りを改善するために東洋医学がおすすめの理由と、ご自身でできるセルフケアの方法をお伝えしていきます。

【動画解説】耳鳴りは東洋医学へ!

※施術効果には個人差があります。

耳鳴りとはどんな症状?

耳鳴り

耳鳴りとは、その名の通り耳の中から「キーン」や「ジーン」などの騒音が聞こえる状態のことを言います。

人によって耳鳴りの音の種類や強さ、頻度は異なりますが、慢性的な耳鳴りの場合は常に耳鳴りが発生している状態であるため、イライラしてしまったり、耳鳴りによって何をするにも集中できないといった弊害が起こることがあります。

耳鳴りには大きく分けて2種類のタイプがありますが、一つは「拍動性耳鳴」と呼ばれるもので、こちらは拍動を伴う耳鳴りです。

もう一つは「非拍動性耳鳴」といい、拍動が伴わない耳鳴りでほとんどがこちらのタイプと言われています。

耳鳴り以外の症状

睡眠障害

耳鳴りに悩まされている方の多くは、耳鳴り以外にも以下のような症状がみられます。

  • 高血圧
  • 頻尿
  • 足の冷え
  • 腰痛
  • 睡眠障害

一般的に耳鳴りを感じられたら耳鼻咽喉科に行かれることが多いでしょう。

耳鼻咽喉科は当然耳専門の病院であるため、これら耳鳴り以外の症状には向き合ってくれないことがほとんどです。

その点、東洋医学では現在お悩みの症状にも向き合い、体全体に何が起こっているのかを正確に調べます。そして本当の原因を追求し、根本から改善することを目標としています。

耳鳴りの原因は「腎の機能低下」

腎臓

耳鳴りは病院に行っても「原因不明」と言われることも多いです。

耳鳴りは非常に種類が多く、奥の深い病気であるため、一人一人症状が異なるのが特徴です。しかし、耳鳴りに悩まされている人は人口の1015%と多く、身近にある疾患と言えるでしょう。

耳鳴りの原因を特定するために、西洋医学では聴力検査やレントゲン、MRIなどの検査をおこないますが、耳の中をのぞいても、細部まで検査をおこなっても原因がわからずに対処療法しかおこなえないのが現実です。

東洋医学

東洋医学では耳鳴りと「腎」は深く関わっているとされているため、腎の機能を高める施術をおこないます。

腎の機能が低下してしまっている状態のことを「腎虚(じんきょ)」といいますが、この状態を改善することによって耳鳴りだけではなく、めまいや倦怠感といった症状も改善することが可能です。

  1. 腎虚にはのぼせが起こりやすい「腎陰虚」
  2. 下半身の冷えが出やすい「腎陽虚」

この二種類があります。体全体をみさせていただき、現在どちらの状態になっているかを丁寧にカウンセリングさせていただいたうえで施術方針を決めていきます。

鍼灸の有効性について

施術

東洋医学を用いた鍼灸施術をおこなっても、症状が重いや慢性的な耳鳴りにお悩みの方は完治が難しい現状もあります。

鍼灸施術によって効果があるとされているのは、以下のような症状の患者様です。

  • 比較的症状の経過年数が短い方
  • 50代以下のお客さま
  • 時間や季節によって耳鳴りの度合いが変わる方

耳鳴りが進むと鍼灸施術だけでは改善が難しくなってしまいますので、気になる症状がある方はお早めにご相談ください。

※施術効果には個人差がございます。

耳鳴りの症状を改善するセルフケア

ツボ

耳鳴りの症状を少しでも和らげるために、3つのツボを刺激するセルフケアをご紹介します。

鍼灸施術とあわせておこなうことで、より早く、効果的な改善が見込めます。

  1. 仙骨(せんこつ)・・・お尻の割れ目の少し上の骨
  2. 合谷(ごうこく)・・・親指と人差し指の骨が交差するくぼみ部分
  3. 翳風(えいふう)・・・耳たぶの後ろ側

これらを温めたり軽くマッサージすることで耳鳴りに効果があると言われていますので、ぜひお試しください。

二種類の施術方法

鍼灸・施術

耳鳴りに限らず、東洋医学ではあらゆる不快な症状を改善することが可能です。

「初めて鍼灸施術を受ける」という方もいらっしゃると思いますので、こちらではどのような施術方法があるのか詳しくご紹介していきます。

東洋医学を用いた鍼灸施術には「標治法」「本治法」があります。

  1. 標治法・・・痛みや不快感がある場所に直接アプローチをする対処療法
  2. 本治法・・・耳鳴りが引き起こされている原因を追求し、根本から改善に導く方法

一般的にはこれら二種類の施術方法を症状の度合いや頻度、体の状態に合わせて使い分けていきますが、当院では「本治法」を積極的におこない、改善を目指します。

耳鳴りを改善して快適な毎日を目指そう

目覚めた女性

耳鳴りの多くは原因不明と言われることが多いですが、不快な耳鳴りが続くだけで毎日がストレスに感じてしまいますよね。

症状が重い耳鳴りに関しては東洋医学でも「鍼灸の改善が難しい」と言われていますが、症状が軽いうちに施術を受けることで症状が和らぐ場合があります。

耳鳴りの症状が気になる方は、どんなに些細なことでもかまいませんのでぜひお気軽にご相談ください。