坐骨神経痛について

坐骨神経痛

長引く腰の痛みやしびれから、今すぐ解放されましょう!

  • お尻や下肢が痛い
  • 腰をそらすとしびれを感じる
  • 長時間立っているとツラい
  • お尻が痛くて座れない

これらはすべて、坐骨神経痛の症状です。坐骨神経痛はお尻から太もも、ふくらはぎや足などに痛みやしびれが生じる症状の総称です。坐骨神経痛は神経痛の一種であり、厳密にいえば病気ではありません。そのため病院に行っても、痛み止めなどの対症療法をするしかなく、なかなか改善されないというお悩みの声を非常に多く耳にします。

でもご安心ください。東洋医学の鍼灸であれば、坐骨神経痛の症状を根本から改善させることが可能です。ここでは東洋医学の視点から、坐骨神経痛の原因や改善法について詳しく解説します。

【動画解説】坐骨神経痛は東洋医学で改善

【対談動画】足腰の症状を改善された男性へインタビュー

※施術効果には個人差があります。

坐骨神経痛とは

坐骨神経・骨盤

坐骨神経の坐骨とは、イスなどに座ったときに座面にあたる骨のことです。坐骨神経はこの坐骨を抜けて、お尻の深い場所にある梨状筋という筋肉の中を通って足に向かう末梢神経のことを言います。末梢神経といっても、坐骨神経はボールペンの太さほどあり、末梢神経のなかでも1番太くて長い神経です。坐骨神経は腰痛と仙骨から出ているため、何らかの原因で障害が起こると、これらの神経が支配する筋肉や皮膚に症状が現れます

主な症状は、お尻や太ももなどの痛みやしびれです。坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症などを発症すると併発されることが多いといわれています。なぜなら、これらの病気になると坐骨神経痛を引き起こす神経を圧迫することがあるからです。しかし、ヘルニアなどの病気を抱えていなくても、坐骨神経痛にお悩みの方はたくさんいらっしゃいます。では、坐骨神経痛を発症する原因は一体何なのでしょうか。

東洋医学が捉える坐骨神経痛の原因

東洋医学・説明

坐骨神経痛は神経痛の一種なので、整形外科などでレントゲンやMRIをとっても原因がわからないことが多々あります。そのため対症療法保存療法しか行えず、それでも改善されなければ手術を勧められることもあるでしょう。しかし、手術は身体的負担が大きく、術後のリスクも懸念されます。手術に踏み切る前に、ぜひ東洋医学という選択肢を検討いただきたいです。

東洋医学では坐骨神経痛の原因を、「気・血・水」の巡りにあると考えます。「不通即痛(ふつうそくつう)」という言葉があるように、通りが悪ければ痛みが出るというのが東洋医学の見解です。気はエネルギー、血は血液、水は水分代謝を表し、私たちの身体はこの気・血・水のバランスを保ち合いながら健康を保っています

気血水

しかし、姿勢不良や生活習慣の乱れなどにより気・血・水の巡りが滞ると、身体のあちこちに痛みなどの症状が現れます。この痛みのひとつが、坐骨神経痛なのです。

坐骨神経痛に対する東洋医学の鍼灸施術

鍼灸施術

東洋医学の伝統鍼灸は、経絡(けいらく)治療を行なって気・血・水の巡りを改善させます。経絡治療とは、身体中に張り巡らされた気・血・水の通り道である経絡と、身体に点在するツボを用いた鍼灸施術です。鍼灸でツボを刺激し、経絡とつながる五臓(肝・心・肺・脾・腎)を活性化させることで滞りを解消させます。

施術に使用するツボは、お客様の症状や状態により鍼灸師が選定します。東洋医学には施術者の五感を駆使して行う「四診法(ししんほう)というものがあり、これは伝統的なカウンセリング手法のひとつです。当店では施術前に必ずこの四診法を行なってお客様のお身体の状態を把握してから施術を行います。これによりお客様の症状や原因を的確に突き止められるので、坐骨神経痛の根本改善や再発防止をすることができます。

また、鍼灸により五臓の機能が改善することにより、坐骨神経痛以外の症状も解消することができます。例えば坐骨神経痛に悩まされている方は、腰や足の痛みやしびれの他に、冷え性や不眠、むくみやすいといった症状を併発されている方が多いです。東洋医学の伝統鍼灸により、身体を内側から整えることで、これらの不調を合わせて改善できるのが当店の鍼灸施術の大きな強みとなります。

東洋医学の鍼灸が坐骨神経痛に有効な5つの理由

石丸院長・鍼灸施術

東洋医学の伝統鍼灸が坐骨神経痛の症状に効果的な理由は、以下の5つです。

①痛みを緩和させる作用がある

鍼灸には、神経や筋肉を刺激することで、痛みを軽減させる効果があります。坐骨神経痛は、神経が圧迫されることによって起こるため、神経の緊張を和らげる作用のある鍼灸は有効です。

血液循環を促進

東洋医学の鍼灸は、気血の巡りを整えて血液循環を促進することができます。筋肉や神経に十分な栄養素や酸素の供給を促して痛みを軽減させ、改善を促進することが可能です。

筋肉の緊張の緩和

凝り固まった筋肉も、鍼灸の作用により緊張を緩和することができます。筋肉が緊張していると神経を圧迫し、その圧迫によって発症するのが坐骨神経痛です。筋肉の緊張を緩和することで、神経の圧迫自体を軽減させて症状改善を目指します。

自然治癒力の活性化

東洋医学の伝統鍼灸は、自然治癒力を高める効果があります。身体本来の治癒力を活性化することで、相対的に炎症や痛みを緩和することができます。

ストレスの軽減

坐骨神経痛は、外的要因以外にもストレスや精神的な疲れによって引き起こされることがあります。鍼灸には、こうした心因的なストレスや不安の解消にも力を発揮します。ストレスを軽減することで坐骨神経痛の原因を取り除けるので、再発防止にもつながります。

おわりに

ストレッチ

坐骨神経痛は非常に辛い症状ですが、鍼灸施術によって改善することができます。私たちは、お客様とともに施術プランを立て、身体のバランスを整えながら痛みを和らげるために、全力で施術に取り組みます。

施術はオーダーメイドで一人ひとりの症状や体質に合わせて行い、お客様の健康に寄り添うのが私たちの役目です。痛みや不安を取り除き、心身ともに健康で幸せな生活を送るために、私たちが全力でサポートいたします。