辛い偏頭痛でお困りの方へ

うつ病

偏頭痛に悩まれている方は非常に多く、時にはその痛みの激しさから救急車を呼ばなくてはならないケースもあります。

頭痛の厄介なところは、症状が目に見えないところです。腹痛であればレントゲンやMRIを撮ると何かしら異常が発見できる場合も多いのですが、頭痛の場合撮影しても「異常なし」と診断されてしまうことが大半です。

仕事や家事などの日常生活にも支障をきたしてしまう偏頭痛は、実は東洋医学の鍼灸で改善することが可能です。

こちらでは偏頭痛の本当の原因と対策法について詳しくご説明していますので、偏頭痛にお悩みの方はぜひご参考ください。

【動画解説】偏頭痛を根本的に改善するには?

偏頭痛を改善された男性へインタビュー

※施術効果には個人差があります。

偏頭痛とはどんな症状?

頭痛

そもそも偏頭痛とは「頭痛の一種」です。

頭痛と一言で言っても種類がありますが、大まかに緊張型頭痛、偏頭痛、群発頭痛3種類に分けることができます。これら3種類の頭痛に悩まされている日本人はとても多いですが、その中の偏頭痛に悩まされている人は8%と言われています。

2つの偏頭痛

頭痛

偏頭痛にも以下の2種類のタイプがあります。

  1. 前兆を伴うタイプ
  2. 前兆を伴わないタイプ

偏頭痛の前に起こる前兆とは、目の前にフラッシュのような光がチカチカと見えたり、視野の片側もしくは中心部が見えにくくなる「閃輝暗点(せんきあんてん)」などが挙げられます。

他にも、感覚が通常よりも鈍くなったり、言葉が話しにくくなるなどの症状が現れることがあり、偏頭痛の前兆は人によって千差万別です。

前兆があるタイプは前兆が現れるとともに偏頭痛に備えて体を休めたり、偏頭痛専用の治療薬を飲むといった方法で対策ができます。しかし、前兆がないタイプに関しては突然偏頭痛の症状が現れるため、対策のしようがなく痛みがどんどんと激しくなってしまうのです。

偏頭痛と上手に付き合っていくことも大切ですが、まずは偏頭痛が起こりにくい体質へと改善していく必要があります。

偏頭痛の原因は「血の巡りの悪さ」

男女

一般的に偏頭痛の原因は以下のように言われることが多く、この考え方は西洋医学によるものです。

  • 低気圧
  • 外気の変化
  • ストレス
  • 生理周期
  • コーヒー
  • 飲酒

偏頭痛に悩まされている人の中には、これらが要因となることを知り意識して控えられている方も多いのではないでしょうか。また、病院で偏頭痛専用の治療薬をもらい、痛みが出ると服薬しているという方もいるかもしれません。

これらは対症療法にしかならず、「頭痛持ち」という体質を根本から変えることはできません。

東洋医学/西洋医学

その点、東洋医学の観点では頭痛の原因を「血の巡りの悪さ」と考えているため、体全体を流れる血液がスムーズに流れるように体質を改善できるよう導きます。そのために血の巡りと深く関係のある「肝」と「肝」に鍼とお灸を用いて施術をおこない、不調へアプローチします。

東洋医学では偏頭痛の症状だけに注目するのではなく、体全体に注目することによって、健やかな体を取り戻すことを一番の目的としています。

偏頭痛には経絡治療がおすすめ

東洋医学

当院は開業当初から鍼灸一筋で患者様のあらゆる不快な症状を緩和、改善してきました。

頭痛の中でも特に痛みが強く、中には「薬が効かない・・・」という方もおられると思いますが、そういった慢性頭痛には当院の経絡治療がおすすめです。

経絡治療とは?

経絡(けいらく)治療とは、東洋医学の中でもっとも馴染みが深く、また高い地位にある施術のことをいいます。

気血水

私たちの体を構成しているのは、心臓、肝臓、腎臓などのあらゆる内臓と水、血、気の3つの要素です。経絡とはこの「水・血・気」の通り道であり、各内臓へとつながっています。

この3つの要素の巡りが悪いと内臓が正常に働かなくなってしまい、さまざまな不快な症状や痛みが現れます。

不通即痛(ふつうそくつう)

体内の血流

東洋医学では「不通即痛」という考え方があり、これは「水、血、気がうまく循環しなければ痛みが引き起こされる」というものです。

偏頭痛に悩んでいる方の多くがこの不通即痛の状態になっているため、まずは巡りを良くして、必要なものが本来運ばれるべきところに運ばれるという状態に改善する必要があります。

偏頭痛持ちの方は普通の人よりも外気やストレスの影響を受けやすい傾向にあります。経絡治療により不通即痛を改善することで、どんな環境であっても負けない体づくりを行うことができます。

標治法と本治法

鍼灸師

経絡治療には痛む部分にダイレクトにアプローチをして痛みを緩和する治法(ひょうちほう)と、経絡の滞りを確認して根本原因から改善する本治法(ほんちほう)があります。

これら二種類の施術を使い分けて、快適な毎日に戻れるようお手伝いをさせていただきます。

偏頭痛を改善して快適な毎日を目指そう

日光浴

辛い偏頭痛に悩んでいる方はとても多いですが、病院で詳しく検査をしても「原因不明」と言われたり、偏頭痛専用の薬を飲んでも根本的には治らないという方も多くいらっしゃいます。

病院では偏頭痛を100%解消させることは難しいですが、東洋医学では根本原因から突き止めるため、体質改善により偏頭痛はもちろんあらゆる症状を緩和することが可能です。

偏頭痛以外の症状にもしっかりと向き合っていきますので、気になる症状がある方はぜひお気軽にご相談ください。