辛い生理痛でお困りの方へ

腹痛

女性にとって生理痛はとても辛い症状であるとともに、痛みや体の重さから気分まで落ちてしまうことも珍しくないのではないでしょうか。重い生理痛に悩まれている方は、日常生活すら送るのが難しいという声も少なくないです。

また生理がひどい場合、子宮筋腫や卵巣嚢腫、子宮内膜症、不妊症などの重大な病が隠されている可能性もあります。

「女性だから仕方ない」と諦めている方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、生理痛は東洋医学による施術で改善することが可能です。

こちらでは東洋医学から見た生理痛の本当の原因と対策法についてご紹介していきますのでぜひご参考ください。

【動画解説】生理痛でお悩みなら痛み止めより東洋医学!

※施術効果には個人差があります。

生理痛とはどんな症状?

腹痛

女性には思春期を迎えると毎月起こる「生理(月経)」がありますが、この月経の際に起こる痛みが「生理痛」です。

生理痛が起こる仕組みとしては、生理中に子宮が収縮することにより、はがれ落ちた子宮内膜と血液を押し出す際にプロスタグランジンという成分が分泌されます。この成分の分泌量には個人差があり全く生理痛がない方もいらっしゃいますが、分泌量が多いと痛みを強く感じてしまいます。

また、痛みの種類も人それぞれであり、ぎゅーっと締め付けられるような痛みがある方もいれば、ズキンズキンと波打つような痛みを感じられる方もいらっしゃいます。痛みとまではいかないものの下腹部に違和感があったり、生理中に倦怠感や体の重さを感じる方もいます。

生理痛の原因は「瘀血(おけつ)」

説明

生理痛が起こるメカニズムとしてはプロスタグランジンが大きく関係していると言われていますが、東洋医学では「不通則痛(ふつうそくつう)という考え方が一般的です。

不通則痛とは、滞りのあるところに痛みが発生するというもので、生理痛に関しては瘀血、いわゆる体内を流れる血の異常がある方が多いです。

瘀血(おけつ)とは?

女性のカラダ

そもそも瘀血とはどのような血の状態のことを指すのかというと、血液がドロドロになり流れの悪い状態のことを指します。体がこの状態になっていると、子宮や卵巣、腰などさまざまな場所の血の巡りが悪くなるため、生理痛が起こります。

下記のような症状がある方は「瘀血」の状態になっていることが考えられますので、一度チェックしてみてください。

  • 太腿やふくらはぎ、足などに赤紫色の細かい血管が見える
  • 手足が冷える
  • 肩こりや腰痛、頭痛など体のどこかが痛い
  • 寝つきが悪い、眠りが浅い
  • 顔のくすみやくまが気になる
  • 経血にドロっとした塊が混ざる

西洋医学では生理痛に対するアプローチは「痛み止めを飲む」という対症療法ですが、一時的に痛みが改善しても根本原因を追求し、体質から改善しないことには同じ症状を繰り返すことになるでしょう。

東洋医学では、現在起こっている症状だけに焦点を当てるのではなく、体全体の状態をチェックし、根本解決を目指します。

東洋はり灸院の3つの特徴

鍼灸・施術

当店では東洋医学を用いた鍼、お灸で生理痛をはじめ、あらゆる体の不調にアプローチしていきます。

当店が初めてという方もいらっしゃると思いますので、3つの特徴について詳しくご紹介していきます。

①伝統的な「四診法」で原因を見つける

望聞問切・東洋医学

現在おこっている痛みや不快感は体内の何かしらの原因により引き起こされているものです。

体からのSOSにしっかりと耳を傾けることで、本当の原因を導き出すことができますが、その原因究明に用いるのが「四診法(ししんほう)」です。

四診法では以下の4つのチェック方法を用いて体にしっかりと向き合います。

  • 望診 = 視覚を通して病態を確認する
  • 聞診 = 聴覚・嗅覚を通じて病態を確認する
  • 問診 = 問いかけと応答により病態を確認する
  • 切診 = 脈・腹に触れて病態を把握する方法

一人一人体質が異なりますので、四診法を用いて一緒に適切なアプローチ方法を考えていきましょう。

②鍼灸には副作用なし

鍼灸師

西洋医学で用いられる投薬治療は、ベネフィット(効果)もありますが、同時にダメージ(副作用)もあります。

薬の種類や体質、飲み合わせによっては副作用の方が強く出てしまう場合や強く依存してしまう場合もあり、辛い思いをされている方も多いでしょう。

その点、鍼灸には副作用がありませんのでご安心ください。鍼灸施術は、体本来が持つ自然治癒力に働きかけ、体が「改善しよう」とする力を最大限に引き出すことを目標としています。

③開業当初から東洋医学一筋

東洋医学

全国には多くの鍼灸院が存在していますが、当店は開業当初から東洋医学一筋です。マッサージや整体など「気持ちよさ」を目的としたお店は多く存在しますが、当店では症状の根本解決を一番に考えています。

東洋はり灸院では症状の改善率も高い数字を出しているため、病院では改善しなかった症状でも一度ご相談ください。

生理痛を改善して快適な毎日を目指そう

お腹を触る女性

生理痛がひどく、毎月生理が来るたびに気分が落ちてしまうという女性も多くいらっしゃいます。痛みが強いと仕事、家事、育児はもちろん、自分の身の回りのことさえもできずにとても辛い思いをされることでしょう。

痛み止めを飲んで一時的に痛みを和らげるのもひとつの方法ですが、東洋医学では根本原因を見つけ、改善することが可能です。負担のない鍼灸施術を受けて、快適な毎日を取り戻せるよう願っております。