肺気腫・COPDについて

ハート

喫煙をされている方の中には、「息がしづらい」「痰が絡む」といった症状にお悩みの方も多いのではないでしょうか。

タバコは「百害あって一利なし」と言われていますが、まさに肺気腫やCOPDといった肺の病気を引き起こすトリガーとなってしまう可能性があります。

本記事では東洋医学から見た肺気腫やCOPDについてお伝えするとともに、効果的な改善方法もご紹介しています。肺の症状にお悩みの方はぜひご覧ください。

【動画解説】肺気腫・COPDは東洋医学で改善!

※施術効果には個人差があります。

肺気腫・COPDの症状

肺気腫

肺気腫、COPDともに呼吸器の病気ですが、それぞれ少し症状が異なります。

まず、肺気腫とはタバコなどの有害物質を吸い込むことにより、肺の中にある「肺胞(はいほう)」が炎症を起こしている状態のことを言います。

肺胞には空気が入っており、呼吸をする際に必要不可欠な組織です。肺気腫の症状が進むと、炎症を起こすだけではなく肺胞自体が壊れてしまい呼吸に支障をきたしてしまいます。その結果、「呼吸しにくい」「息苦しい」といった不快な症状を感じることになります。

COPD

一方、COPDとはせきやたんが出る状態が長期間続く「慢性気管支炎」と「肺気腫」が合わさった状態のことを言います。肺気腫と同じように息苦しさや息切れを感じやすくなるうえ、激しいせきやたん、さらにはぜんそくのような発作性の呼吸困難が見られることもあります。

診察

肺気腫、COPDともに症状が進行すると自発呼吸が難しくなり、呼吸の手助けをしてくれるチューブなどの医療機器をつながなくてはなりません。医療機器を使うと、酸素を体に取り入れやすくなりかなり呼吸が楽にはなりますが、行動に制限がかかることから日常的にストレスを感じてしまうでしょう。

肺の病気は進行があまり早くないことから、自覚症状が出てくるのはかなり症状が進行してからと言われています。生命を維持するための呼吸器に不具合が生じると危険な状況になりかねませんので、少しでも「おかしいな」と思ったら専門機関に見てもらうことをおすすめします。

肺気腫・COPDの原因

肺気腫

肺気腫・COPDの主な原因は以下のように考えられています。

  • タバコ
  • 大気汚染
  • 加齢
  • 生活環境
  • 遺伝
  • 幼少期の肺・気管支の炎症

この中でも特にタバコとの関係性が深いと言われており、肺気腫・COPDともに症状が出ている人のほとんどは喫煙者です。もちろん、全世界で問題となっている大気汚染をはじめ、加齢や有害物質を吸い込みやすい労働環境、遺伝なども関係ないとは言いきれません。

しかし、一般的にはタバコがもっとも大きく関係していると言われていることからも、肺の症状にお悩みの方は今すぐ禁煙されるのが一番でしょう。

肺気腫・COPDの一般的な対処法

カウンセリング

残念ながら、現代の医学では肺気腫・COPDを根本改善するのは難しいと言われています。炎症を起こしてしまった肺胞や肺の細胞、壁を元通りに戻すことはできず、進行を遅らせたり、症状を和らげる対症療法しか存在しない現状があります。

禁煙

対症療法として一番におこなわれるのが「禁煙」です。肺気腫もCOPDもタバコと大きく関係していることから、まずは原因となっているものを断つというのが一番大きな効果が期待できるでしょう。

まだ症状が軽く、呼吸自体には問題ないという場合には気管支を広げる貼り薬や飲み薬を服用します。さらに、肺の機能をこれ以上衰えさせないように呼吸リハビリテーションや軽い運動も提案されることがあります。

これらの対処法はあくまでも「今以上に症状が進行しないようにするため」のものであるため、肺の機能が元通りになるわけではありません。しかし、何もおこなわないよりは進行を遅らせることができるため、できることからひとつずつやっていくのが良いでしょう。

東洋医学の鍼灸が肺気腫・COPDにおすすめの理由

説明

「根本改善は難しい」と言われている肺気腫やCOPDですが、実は東洋医学ではかなり症状を和らげることができます。もちろん、東洋医学だけでは苦しさを完全に取り除くことは難しいため、辛い時には薬や酸素吸入を利用しながら、徐々に症状を和らげていけると良いですね。

東洋医学ではどのような症状に対しても、主に鍼灸を用いてアプローチしていきます。症状が出ている箇所にだけ注目するのではなく、体全体の中で「どこが問題になっているのか」を追求し、体質から改善していくことを目標にしています。

短期間で改善された方のケース

男性

当店でも肺気腫やCOPDにお悩みの男性が来られたことがあります。

Aさんはひどい肺気腫を患っており、病院では2年半前から酸素吸入を勧められていました。吸入をやめると自力で呼吸をすることもままならず大変苦しい状態でしたが、当店の鍼灸を継続的に受けられるうちに徐々に息苦しさが軽減されました。

肺の数値もかなり良くなり、3~4ヶ月後には病院から「酸素ボンベは必要ないでしょう」と言われるまでになりました。

ご本人はもちろん、私たちも鍼灸がお客様のお役に立つことができてとても嬉しく思うとともに、「これからもさまざまな症状でお悩みの方の力になれれば」と強く感じたキッカケとなりました。

肺気腫・COPDを改善された男性との対談


※施術効果には個人差がございます

肺気腫・COPDを改善して快適な毎日を目指そう

シニア夫婦

肺気腫やCOPDは症状がひどくなると自力で呼吸をするのも難しくなってしまう怖い病気です。タバコや生活環境、遺伝など一般的にさまざまなものが原因と言われていますが、「根本から改善するのは無理」と諦める必要はありません。

東洋医学では病院でお手上げと言われた病気についても、根本改善をすることが可能です。気になる症状がある方は、お気軽に東洋はり灸院にご相談ください。